kuu~悠か未来に愛を想う~

kuu~悠か未来に愛を想う~

熊本より、主にメンタルヘルスを目的とした内容を中心に日々の疑問や気になる事等を更新していこうと思います。

report31:【親離れ】2022年4月から成年年齢 引き下げ!? 18歳からは 自分の人生は自分のもの【子離れ】

 

先日、ニュースで ある特集が組まれていました。

 

皆様は『オヤカク』という言葉を、ご存知でしょうか。

オヤカク…親が子供の就活に携わり過ぎることを懸念した企業が、内定を出す際に学生の両親に連絡し、入社の確認を取ること。

 

親が子供の就活にどのように関わるのか。

〔例〕

  • 子供が就活で受けた会社や企業に、親が電話を掛けて合否判定の問い合わせをする。
  • 子供が受ける会社説明会に親も同席する。
  • ネット等で流れた企業(内定された)に関する悪い噂の真実を親が企業側に直接 問いただす。

 

私は そのニュースを見るまで、『オヤカク』という言葉を聞いたこともなかったですし、そういう事が実際に行われている現状に凄く驚きました。

 

20歳を超えた子供に親が干渉しすぎること。

過保護 過ぎる世の中なのは、何故なのでしょうか。

親離れ、子離れ出来ていない理由とは。

 

f:id:kuu-bigboy-eiwa:20200116150453j:plain

そこで今回は『2022年4月から成人年齢 引き下げ!? 18歳からは自分の人生は自分のもの』という お題で 何故、過保護な親が増えたのか。親離れ・子離れ出来ない理由と その原因を、私なりにまとめてみようと思います。

 

2022年4月から成年年齢引き下げ!?

「成年年齢」はいつから変わるの?

日本での成年年齢は民法で定められています。民法改正により、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に変わります。2022年4月1日に18歳、19歳に達している方は、その日から新成人となります。

 

成年に達すると何が変わる?

成年に達すると、親の同意を得なくても、自分の意思で様々な契約ができるようになります。一方で、飲酒や喫煙、競馬・競輪などはこれまでと同様、20歳にならないとできません。

 

成年に達して一人で契約する際に注意することは?

成年に達すると、親の同意がなくても自分で契約ができるようになりますが、契約の知識や経験が少ないため、消費者トラブルに遭いやすくなるため、注意が必要です。

 

成年年齢の引き下げで変わるもの・変わらないもの

 

上記資料内グラフにあります通り、あと2年後から成年年齢が18歳に引き下げとなります。成年年齢とは「一人で契約をすることができる年齢」という意味と、「父母の親権に服さなくなる年齢」という意味があります。

この中で特に注目して頂きたい点が「父母の親権に服さなくなる」です。

親権に服さなくなるとは、つまり 自分の住む場所、進学や就職などの進路なども自分の意思で決定できるようになります。

空白の2年間(18歳~20歳)


写真素材 pro.foto

明治時代から今現在までの約140年間、日本での成年年齢は20歳民法で定められていました。しかし、以前から疑問に思っていました18歳~20歳までの2年間は子供でも大人でもない微妙な期間、つまり空白の2年間なのでは…と。

結婚可能年齢は、男性18歳、女性16歳。

選挙権18歳。

成年年齢20歳。

法律で定められている年齢がバラバラで、いざ 自分自身が18歳(高校卒業~進学もしくは就職)になった時に 身体と精神年齢は立派に成長しているにも関わらず、自分はまだ子供なのか。もう大人なのか。凄く複雑な思いと疑問を抱いている若者が多いと思います。 

子離れ出来ない過保護な親が増えた理由

f:id:kuu-bigboy-eiwa:20200117140445j:plain

ここ数年の間に子離れ出来ない過保護な親が増えた理由は、生き辛い世の中(世知辛い世の中)。

つまり、過去~今現在の時代の流れこそが最も適した理由の一つだと考えられます。

 日本は昔から『学歴社会』と言われていますが、ひと昔前(昭和初期~後期)までは、高校に進学せずに中卒から働く人も多く また中卒でも雇ってくれる会社や企業も多くありました。

なぜなら、高度経済成長により 日本全体が景気が良く、何をするにも うなぎ上りに事が運んでいっていた為、仕事の数も多く、そして給料面も申し分ない。学歴は勿論ですが働き手の意欲とハングリー精神を重視していたのではと考えられます。

 

そして、平成に変わり 初めて消費税が導入されてから まもなくバブルが崩壊(平成3年~5年)し、一気に不況の時代へと変貌してしまいました。

その頃から、現在に至るまで どうにか またあの頃のような好景気の時代に戻そうといった世の中の働きから『学歴至上主義』な社会が一気に、熱を帯びてきました。

 

時代を遡って考えてみますと、今現在の就活を頑張っている大学生(21歳~23歳)親御さんの推定年齢は45歳~50歳くらいと思われます。

すると、バブルが弾けた約30年前の親御さんの推定年齢が15歳~20歳。

『これからは自分の力で人生を切り開いていこう。』という風に やる気と希望に満ち溢れ、人生の中で最も働き盛りだった時期に好景気不景気という激動する世の中に直面してしまった大変苦労した時代を生きてきた方々だと思うのです。

 

かつての自分が出来なかった事を、自分の子供にはさせてあげたい。

自分の子供には、苦労のない人生を歩んでほしい。

 

自身の体験や経験を深く受け止めているからこそ、そういった感情が我が子へと向けられる事が子離れ出来ない過保護な親御さんが増えている理由に大きく影響していると思います。

合わせて読んで頂きたい過去の記事です。

⇊⇊⇊

kuu-bigboy-eiwa.hatenablog.com

親離れ出来ない子供のメンタル

写真素材 pro.foto

親離れ出来ない子供に多く見られますのが、自分が望まなくても親が何でもやってくれる。逆に望んだら親が何でも与えてくれる。と、こういった考えの子供(小学生~大学生)が非常に多いです。

〔例〕

  • 食事は上膳据膳は当たり前であり、学校の準備物や宿題の管理、着ていく洋服も全部やってくれる。
  • 学校で嫌な事やトラブルが起こったら、どんな事でも親が守ってくれるし尻拭いもしてくれる。
  • 自分が望んでいるわけではないのに 塾や習い事を親が決めて送迎までしてくれて月謝も出してくれる。
  • 毎月小遣い制ではないので いざお金が欲しいといくらでもくれるし、何か物が欲しいとねだれば、何でも買い与えてくれる。

 

上記〔例〕のようなことを、幼少期から行い続けていると 子供ははたしてどういった大人になっていくのでしょうか。

 

ここで冒頭に綴りました 子供の就活に関わりすぎる話に戻って考えてみますと、結局 20歳を超えても自分で判断が出来ない。行動が出来ない。

親に自分の人生の全てを委ねないと生きていけなくなってしまうのです。

そして、親が自分の人生の流れを決めたことによって 発生したトラブルや失敗も、自分ではなく親のせいにすることができるのです。

〔ある飲食業店長様のお話〕

30歳男性を契約社員として雇ったのですが、ある日 その男性の携帯から着信があったので取ってみたところ『体調不良で欠勤したい。』という内容だったのですが、その電話口の相手が あろうことか男性ではなく、男性の母親だったのです。

驚きのあまり『そうですか。分かりました。お大事に。』としか答えることが出来ませんでした。

次に出勤してきた時に『欠勤の電話ぐらい自分で掛けてきなさいよ。』と伝えたかったのですが、そういう説教じみた言葉一つで仕事に来なくなってしまう(辞めてしまう)時代ですから。

正直、頭が痛いですよ。

 過去の相談内容より。

自分の人生は自分のもの


写真素材 pro.foto

確かに子供は、成人するまでは親の監視下の元、生活することが法律によって義務付けられています。

成人するまでの間は 親の言うことは勿論、目上の人(学校の先生や先輩)が教えてくれる事をしっかりと聞いて理解し吸収しながら 社会に出るための準備をしておかなければなりません。

しかし、自分の人生ですから 全てを委ねる必要はないのです。

自分がどうしたいのか。どういった大人になりたいのか。将来の夢。未来予想図。

それらを明確に伝えることが出来れば、例え進路の事就職先を決める際に 親と意見が分かれたとしても『自分の決めたことだから。』と、強く主張することが出来るのではないでしょうか。

子供は三歳までに ある程度の人格が形成される。
そこからは自分の意思と周りの環境、出会った人の影響を受けながら成長する。
学生の間はどうしても親の助けが必要だけど、だからといって子供は決して親の物ではない。
 大人になったら、自分の力で自分の生き方で生きていくんだ。

 

自分が決めた道を進むというのは、きっと不安感と恐怖心で一杯になるでしょう。

しかし、まだ18歳。

この世に生を受けて、たったの18年しか生きていないのです。

人間にとって若さとは最大の武器であると私は思うのです。

 

その理由は、いくらでも人生のやり直しがきくからです。

たとえ何かで失敗しても、途中で挫折したとしても、その若さがあるのなら この先いくらでも勝負することが出来ますし、受け入れてくれる会社や企業も多いのです。

失敗して落ち込むこともあるでしょう。

しかし、失敗を恐れることはありません。むしろ沢山、失敗した方が良いのです。

その失敗からまた人間として成長することが出来、新たな大人の自分を作り出して進むことが出来るようになります。

 

ただし自分の人生を自分の考えで進んでいった場合、自分の尻拭いをするのは勿論 自分自身です。親のせいは勿論のこと、誰のせいにもできません。

そのくらい責任と覚悟が必要となってきます。

それが大人であり、成人することの根本を意味します。

18歳以降の親の仕事は、失敗や挫折した際のアドバイス多少の手助け(援助)のみです。

その点をしっかりと踏まえた上で、自分の人生を思う存分 謳歌して頂きたいと思います。

自分の人生は一度きり。自分の人生は自分のものですから。

おわりに

私も、二人の子を持つ親ですので つい甘やかしてしまったり、干渉し過ぎたりすることが多々ございます。

親からすれば、子供がいくつになっても自分の子供ですので可愛くて仕方がないのです。

しかし、“蝶よ花よ”で育てていってしまうと自立できない。何もできない大人になってしまうという事を、この記事を書きながら改めて思い知らされました。

 

我が子には、素晴らしい人生を歩んで行って欲しいという気持ちは子を持つ親でしたら誰しもが願うことでしょうが、子供の人生は子どものもの。

自分が敷いたレールに無理やり乗せるのではなく、子供が敷こうとしているレールのお手伝いをすることが本来の親としての役割なのかもしれません。

■LINE@カウンセリングのご案内■
ライフサポート 永和公式LINEにてオンラインカウンセリングのご案内です。
一人でも多くの方の力になりたい。助けになりたいという思いから…初回特典としまして、オンラインでのご相談無料キャンペーンを実施いたしております。
お一人お一人を大切に、丁寧に誠心誠意を持ってカウンセリング致します。
生活に関する ありとあらゆる悩み(人間関係・精神疾患・恋愛・結婚・育児・金銭トラブル等)にお応えするため、日々 精進すると共に、少しでも多くの方のお役に立てますように全力で対応させて頂きます。
この機会にぜひ、一度ご利用下さいませ。
スタッフ一同、心よりお待ち致しております。
※友達追加された時点でのクライエント様のLINEアカウント情報は こちらからは全く見えませんので、ご安心ください。
※強引な営業、勧誘、詐欺行為、法律に違反する行為、又はそれに関わる行為を一切行っておりません。
詳細は友達追加からどうぞ。→

 *。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。

*。・★ライフサポート永和 事業内容詳細☆*。・

私達はこんな活動をしています。

   ⇊⇊⇊

kuu-bigboy-eiwa.hatenablog.com

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

 

即日払いバイトマッチングサービス【プチジョブ】